顔のシミを取るにはこの方法!

顔のシミを取る方法をお探しですか?

 


顔のシミを取るには 知っておきたいことがいくつかあります↓

 

 

レーザーはリスクもあるって知っていましたか?

皮膚科でのシミ治療、決め手は 飲み薬と塗り薬とのダブルケア

 

顔のシミを取る

 

お薬と美白クリームなら体の内側と外側の両方からシミを効果的にケアできます!

 

 

話題のしみに効く飲み薬&クリームをいますぐチェック <<

 

 


顔にできてしまったシミ!

ポツポツとあるだけで とても気になるものですし、年齢を感じさせてしまいます。

やはり顔のシミ対策には、なくしてしまうことが一番です。


顔のシミ取りには 皮膚科でも採用されている

飲み薬と塗り薬での お肌の外側&内側からのダブルケアが効果的。


当サイトでは処方箋不要で 気軽に手に入る シミの飲み薬と 美白クリームを中心にご紹介します。

シミのないお肌で 若々しい印象を取り戻しましょう。


顔のシミを取る方法 人気ランキング!


 

顔のシミを取る

ロスミンローヤル(リペアクリームセット)の特徴


ロスミンローヤルはシミを お肌の内側からケアする飲み薬

主成分は シミのもととなる メラニン色素を無色化する働きのある成分 ビタミンCとL-システイン。

厚生省から効果が認められている医薬品ですので お肌の内側からしっかりシミにアプローチ。

サプリとは違って効果が実感しやすいと、いま口コミで大人気!


このロスミンローヤルから生まれたロスミンリペアクリームも、シミのケアに 人気沸騰中


今なら この お肌の外側と内側の両方からケアできる2アイテムがセットで 72パーセントオフ


いますぐ早く始めて いち早くお顔のシミへの効果を実感してみませんか?

価格 3,800(約1か月分)円
評価 評価5
備考 シミ用クリームとのセットで美白のダブルケア
 

POLA インナーロック

POLA インナーロックの特徴


インナーロックは 美白のブランドPOLAが開発した美白サプリメント。

独自成分ブランノールに 新たにベイベリーバークSも配合。

さらにパワーアップ、効果が実感しやすくなったことでも話題になっています。

シミのケアだけでなく、お肌全体の透明感アップを目指している方にも特におすすめです。


ポーラの美白クリーム ホワイトショット(12,960円)も併用することでお肌の内側と外側からのケアも可能。 美白のPOLAで ラグジュアリー感のあるシミケアを始めてみませんか?

価格 6,200(約1か月分)円
評価 評価4.5
備考 POLA開発の美白サプリメント
 

ホワイトルマンの特徴


ホワイトルマンは いま人気急上昇中のシミの飲み薬。

ホワイトルマンは美白成分ビタミンCをなんと1200mg高配合

メラニン色素の還元(無色化)をサポートするビタミンEも配合でより効果が期待できる と話題です。


しみへの効果が認められた医薬品のホワイトルマン、今なら初回は1か月分が1,900円(税別)

30日間の返金保証付きなのでシミの飲み薬を始めて利用する方も安心です。

市販のシミ用クリームとの併用で さらに効果が期待できます。

価格 1,900(約1か月分)円
評価 評価4
備考 ビタミンC1200mg配合で話題のシミの飲み薬
 

SIMI(シーミー)ホワイト

ビーグレン SIMIホワイトの特徴


アメリカ発の美白ケアコスメで大人気のビーグレンから シミの飲み薬が登場。

飲み薬でのシミのインナーケアにビーグレンブランド仕掛け人のケラー教授も注目。

L−システイン最大量配合した飲み薬としても話題。

ビーグレンのハイドロキノン配合クリーム(トライアル1,980円)も併用した お肌の内側と外側からの両方のケアがおすすめです。

価格 980(5日分)円
評価 評価3.5
備考 あのビーグレンのシミケア飲み薬

口コミは個人の感想です。効果の実感の仕方には個人差があります



顔のシミを取る内側と外側からのケア


顔のシミを取る



顔のシミを取る方法は、お肌の内側からのケアお肌の外側からのケアをする方法との二種類あります。

内側からのケアは、飲み薬を使うケア、外側からのケアは 美白成分入りのクリームなどを活用したシミのケアです。


では、どちらのケアがより効果的でしょうか?


顔のシミを取るのに理想的な方法は この内側からのケアと外側からのケアを両方活用する方法です。

実際に 皮膚科でのシミの治療では シミ用の内服薬と、外用薬の両方が処方されています。


つまり、両方を活用することで顔のシミへの相乗的な効果が期待できるというわけですね。


市販のシミ用の飲み薬や塗り薬でも、皮膚科処方と同様の美白成分が配合されているものが発売されるようになり、自宅にいながらにして本格的なケアができるようになっています。


それぞれの方法をご紹介します。


顔のシミを取る内側からのケア


顔のシミを取る


顔のシミを取るための内側からのケアとしては、シミを取る効果のある薬を飲むという方法があります。

お薬を使うことで お肌の内側からシミの排出透明感あるお肌の再生を目指すことができると いま人気になっています。

飲み薬でのシミのケアというと 美白クリームの成分をそのまま飲むのでは?と不審に思う方もいるかもしれません。


顔のシミケア用の飲み薬の大半は ビタミンCや アミノ酸の一種であるL-システインが主成分。

ビタミンCには できてしまったメラニンを還元したり、メラニンができるのを防ぐ働きがあります。

そしてL-システインと結びつくことで お肌のターンオーバーをサポートする働きもあります。


お顔のシミを取るには、このターンオーバーがとても重要なカギとなります。

飲み薬を活用することで お肌のターンオーバーを促進させて顔のシミをケアしましょう。


そして 顔のシミを取ると決めたら注意したいのが、シミのサプリではなく、美白効果が認められた薬を使うということ。

お薬はサプリメントと違って効果がきちんと国から認められていますので 顔のシミ取るためにはこちらがおすすめです。


また、飲み薬は 規定の量を飲み続けるだけで 顔だけでなく体のシミにも効果的です。

背中やデコルテなどにシミが出やすい方のケアにも 飲み薬はおすすめです。

詳しくは 当サイト内 顔のシミを取る飲み薬 をご参照ください。


顔のシミのカギを握るターンオーバーとは?

顔のシミを取る


お肌は 新しい皮膚が作られており、定期的に古い皮膚と入れ替わっています。

これがターンオーバーと呼ばれるもので、周期はおよそ28日。

この仕組みがスムーズに働いているお肌なら、メラニン色素ができても このサイクルで新しい皮膚と入れ替わる際にお肌の外に排出されます。

ですが、周期が乱れていたり停滞してしまっていると メラニン色素がずっと残りシミとなるのです。

ターンオーバーを正常化させるには さまざまな方法がありますが、まずは保湿、そしてターンオーバーをサポートしてくれる成分の補給です。

シミ用の飲み薬には このターンオーバー機能の正常化に効果が期待できる成分が配合されています。


顔のシミを取る外側からのケア


顔のシミを取る


顔のシミを取るための外側からのケアとしては、美白成分が配合された化粧品を使ったケア方法があります。

美白の有効成分や、美白サポート成分が配合されたクリームや美容液、化粧水をお肌の外側から塗ってケアする、ということです。

顔のシミを取る美白アイテムとして人気のあるのが美白クリームです。

クリームでしたら美白成分がお肌にしっかりと密着しますので 気になる箇所だけ重ね付けなどがしやすく、使い勝手が良いなどのメリットがあります。


配合されている美白成分も メーカー毎にさまざまですが、主に下記の通りに分かれます


皮膚科で処方されるシミ用の軟膏クリームと同じ美白成分


ハイドロキノンアルブチンビタミンCといった美白成分があげられます。

効果が実感しやすいというメリットがありますが、ハイドロキノンなどの一部の成分は作用が強いため 試して確認してから続けるようにしましょう。



メーカーが独自に開発した 美白成分


メーカーが美白研究で独自開発した成分が配合されているものもあります。

敏感肌の方妊娠中の方でも使いやすい成分が配合されているものもあります。


美白クリームは 皮膚科で処方してもらうとなると 診察代や処方箋代などがかかってきますが、市販品でしたらすぐに入手できますので手軽です。


また、顔のシミをしっかりと取るためには 最低でも1か月は続ける必要があります。

その際に お肌に刺激に感じるものは 使うのを中止しましょう。

お肌に合っていると思えるものを続けるようにすることをおすすめします。

詳しくは当サイト内 顔のシミを取るクリーム をご参照下さい。


顔のシミ取るために気を付けたいこと


顔のシミを取る


顔のシミを取るには、今は市販のお薬なども増えており 自宅でシミのケアができるようになっています。

これが病院でシミの相談となると 通院の手間だけでなく 軟膏や飲み薬を処方してもらったりする際に自費治療ですので費用もかなりかかります。

自宅で手軽に顔のシミを取るケアができれば お金や時間が節約できますので 忙しい方でもシミをあきらめずにケアしてゆくことができます。

そのために注意しておきたいことをまとめました。


顔のシミを取るには合ったものでケア


顔のシミを取るには、お薬やシミ用クリームなどケアアイテムをいくつか使ってみて 自分に合っているもの、続けやすいのものを選ぶことが大事です。



顔のシミを取るために 無理して合わない美白クリームを使って 肌トラブルになっては本末転倒ですね。

ですので トライアルセットや お試し用のミニサイズのものから始めてみて 合っていると思えるものを続けるようにしましょう。


また、せっかく合っていても納得できる価格で 続けられるものでないと意味がありません。

美白のためのお薬やクリームには 初回購入時に大幅な割引価格となるものや 気軽に試せるトライアルセットなどを用意しているところもあります。

顔のシミ取るために そういったものを活用してみて よりご自分に合ったものを探してみましょう。

また、美白アイテムには 継続して購入する場合に割引してもらえるところも多くなっています。

顔のシミ取るために まずは一度使ってみて 検討してみることをおすすめします。


顔のシミ取るには作らない工夫も


顔のシミを取る方法


顔のシミを取るケアをしていても、さらに新しいシミを作ってしまってはがっかりしますよね。

うっかりできてしまうシミ、その原因はさまざまですが、紫外線によるものが多くなっています。

ですので顔にシミができないようにするために紫外線対策を怠らないように気をつけることも重要です。

紫外線によるシミは ほほなどの同じような場所に出来やすいことでも知られています。

シミを一つ消したのに また一つでてきた、ということのないように対策しましょう。


日焼け止めで顔のシミを予防

顔のシミを取る


シミを予防するためにも、日焼け止めは 日ごろから活用するようにしましょう。

ふだん日焼け止めを塗っているのにシミができる、という方は 塗り方を見直しましょう。

日焼け止めはムラなく塗ることが第一です。

そのためにも、2度にわけで重ね塗りをして均等に塗る、一定時間経ったら塗り直すことが必要になってきます。

そしてつける量も大事。 メーカーが推奨する量をつけないと 効力が発揮できません。

パール3個分、500円硬貨大、という表示があれば 必ず守るようにします。

多いから、ということで勝手に少なくしたりしてはNGです。


UVケアアイテムを活用

顔のシミを取る


顔のシミが気になるけれども 日焼け止めが苦手という方や、屋外で一定時間過ごさなければいけない時などは 帽子や日傘なども活用しましょう。

最近は衣料でもUVカット機能のあるものが増えてきましたので ボディのシミ対策に上手に活用してみることをおすすめします。

また、屋内で過ごすことが多いのに シミができやすい・・・そんな方は、ガラス戸を通って室内に入りこむ紫外線が原因かもしれません。

ガラスそのものに UVカット機能がついているものもありますが、今すぐ全部を取り替え、というのは難しいですよね。

その代わり ガラスにUVカットフィルムを貼ったり UVカット機能のあるカーテンを活用するようにしてみてはいかがでしょうか。

また、外出しない日は SPF値が低めのものでかまいませんので 日焼け止め効果のある乳液などでお肌を整えるというように 何らかお肌もガードしておくことをおすすめします。

当サイト内 顔のシミをUVグッズで予防 も参考にしてみて下さいね。


顔のシミを増やしてしまう意外な原因


顔のシミは紫外線だけでなく、毎日のスキンケアが原因でもできることがあります。

具体的にどのようになるとシミが増えやすいのでしょうか?

シミは乾燥でも増えるって本当?

顔のシミを取る方法


顔のシミ、夏場の紫外線のせいで出来てしまって・・・

でも、冬場の乾燥でも シミが増えるのってご存知でしたか?

シミというのは お肌の奥にできたメラニンが お肌の外に排出されずに そのままとどまっている状態で出来てしまうものなのです。

ですので、シミ対策には お肌が古い皮膚をどんどん外に出すという機能がきちんと働くことが 重要になってきます。

このお肌のサイクル機能はターンオーバーと呼ばれていますが、この機能は お肌が乾燥していたりするとうまく働きません

お肌の乾燥のケアが不十分ですと このターンオーバーがうまく行われず、メラニンがお肌の奥に残り シミが増えてしまうのです。

シミ消しを目指すという方は 保湿にも気をつけるようにしましょう。

美白成分がお肌にはたらきかける際に 水分が足りているお肌と そうでないお肌では やはり差がでやすいと言われています。

いつも使っている化粧水などを多めにつける、あるいは重ねづけするようにする、空調などによる乾燥に注意をする・・・

こういった ちょっとした積み重ねで肌乾燥を防ぐことができます。

できることから 保湿ケア、シミ対策をしてゆきましょう。


顔のシミは洗顔でもできる?

顔のシミを取る方法


毎日欠かせない洗顔ですが、この洗顔がシミをつくってしまうことがあります。

洗浄力が強すぎてお肌に負担をかける洗顔料を使ったり、洗顔料を泡立てずにお肌にこすりつけて洗ったりすることで 肌が傷んだり 摩擦を受け続けることになります。

これを毎日繰り返すことで お肌の傷んだ表面から水分が蒸発しやすくなってゆきます。

その結果 肌乾燥だけでなく、摩擦による色素沈着ができてしまいます。

洗顔でのシミを予防するためにも お肌に負担にならない洗顔を心がけ、タオルでこすらずにやさしく水滴をぬぐうようにしましょう。

シミを消したいと思ったら、まずは洗顔方法を見直してみましょう。

詳しくはシミと洗顔ページを参照して下さい。


顔のシミはストレスでもできる?

顔のシミを取る


ストレスに感じることが増えると シミも増える・・・ウソみたいですが 実は本当なんです。

私たちの体は、心身にストレスにより自律神経が乱れてしまいがち。

この自律神経の乱れはホルモンバランスにも影響を与えてしまいます。

そしてホルモンバランスが乱れるとシミができやすくなるのです。

顔のシミが増えてしまった!という場合は 体や心にストレスがかかっていないかも気を付けたいもの。

仕事のストレスなどは 今すぐ解消というのは難しいものがありますが、リラックスタイムを持つようにするなどして対策してゆきましょう。

運動不足だったり 寝不足といった体のストレスは ご自分でもある程度コントロールしやすいのではないでしょうか。

顔のシミのためにも オフィスで階段を使うようにしてみたり 早めに寝るように気を付けてみることをおすすめします。


顔のシミを取る前に シミと似た症状を知っておこう


顔のシミを取る


顔のシミを取ると決めたら知っておきたいのが シミの種類。

いつの間にかできてしまった顔のシミ、その大半が うっかり紫外線を浴びてできたことが原因。

このような顔のシミを取るには 美白クリームなどの化粧品でシミ消しができます。

また、にきび跡による色素沈着のうち、茶色く残ったものは メラニン色素ができているもの。

ですので こういったニキビ跡の場合美白成分入りのクリームでのケアが効果的です。

ですが、顔のシミによく似ているけれども このような顔のシミを取る方法とは別のケアが必要なものがあります。


肝斑

肝斑は顔のシミのように見えますが、紫外線によるものではありませんので 顔のシミを取る方法とは別のケアが必要になります。

詳しくは当サイト内 >>顔のシミとは違う肝斑 をご参照下さい。


首回りのイボ

プツプツと首もとなどに小さいイボのようなシミができることもあります。

これらは メラニン色素ではなく、古い角質がお肌に残ったものですので、シミ用の軟膏などとは別にイボ用のクリームでのケアが効果的です。


そばかす

そばかすは遺伝的な要素が強いと言われ、子どもの頃から出る方も多いのですが、成人後にも増えたり濃くなる方もいます。

そばかすもメラニン色素が原因ですので 顔のシミを取るのと同じ方法でケアすることができます。

シミ用の飲み薬や、美白クリームなどでのケアがおすすめです。

詳しくは当サイト内 >>顔のしみとそばかす をご参照下さい。



顔のシミ取るためのQ&A


顔のシミを取る


顔のシミを取る方法についての質問にお答えしています


顔のシミを取る方法は男性にも使える?


顔のシミができてしまう原因に 男性も女性も違いはほとんどありません。

むしろ男性のほうが UVカット機能のある化粧品を使う機会が少なかったり、営業で外回りといった仕事が多いなどで お肌が紫外線にさらされる機会が多くシミができやすいとも言えるでしょう。

そして 顔のシミを取る方法にも 基本的に男性も女性と同じく、シミ用の飲み薬やクリームなどを活用することができます。

こういった美白アイテムで人気のあるものの大半は 通販で入手できますので、購入時に店頭などでわずらわしい思いをすることもありませんので 男性も安心して使えます。

詳しくは当サイト内 男性の顔のシミ取り をご参照下さい。


顔のシミを取るのにレーザーは?


顔のシミを取るのに 美容外科などでのレーザー治療という方法があります。

一見簡単そうですですが、レーザー治療には 注意点がたくさんあります。

まず、レーザーでのシミ取りでは 治療の結果 前よりもシミが濃くなる、ということが一定の割合で起こります。

また、レーザーで一度シミが取れたと思っていても 半年くらいして 同じようなシミがでてくることもあります。

また、美容外科でのレーザーによるシミ治療は 照射後に 保護のために お顔にテープを貼り続ける必要があります。

その期間ですが 最低でも1週間程度となっています。

レーザーによるシミ取りには このようなリスクや手間などをよく理解した上で検討することをおすすめします。

詳しくは当サイト 顔のシミを取るレーザー をご参照ください。


顔のシミを取る薬や美白クリームに副作用は?


顔のシミを取る方法として人気のある飲み薬でのお肌の内側からのケア、。

ですが飲み薬では副作用が心配という方もいらっしゃるでしょう。

顔のシミに効果が認められている飲み薬ですが、その主成分はビタミンCやアミノ酸の一種であるL−システイン。

体に負担にならない美白成分で、シミのもととなるメラニン色素にはたらきかけたり、お肌の代謝をサポートする仕組みとなっています。

そして、こういったシミの飲み薬のほとんどが 副作用の心配が少ない 第三類医薬品となっていますので 安心できるのではないでしょうか。

詳しくは当サイト内 顔のシミを取る飲み薬 をご参照下さい。

また、お肌の外側からシミを取る美白クリームの場合、配合されている美白成分には作用の強いものもあります。

そのため、お肌に刺激となることもあります。

ですが、最近では敏感肌の方でも使いやすい成分が配合された美白クリームなども発売されています。

お肌への刺激が心配な方でも より安心して美白ケアができるようになっています。

使ってみて 刺激や赤みが出ないか確認して続けるようにしてみましょう。


顔のシミを取る方法は 妊娠中や授乳中でも大丈夫?


顔のシミを取るための飲み薬や美白クリームですが、市販のものは妊婦さんや授乳中のママでも使えるものが多くなっています。

メーカー毎に注意書きなどがしてありますので よくチェックしてから使うようにしましょう。

また、妊娠中や産後は お肌がとてもデリケートになっています。

普段なら大丈夫でも 使ったら刺激や負担になってしまうということも起こりやすい時期です。

また、妊娠中や産後は 急激なホルモンバランスの変化で肝斑が出やすい時期。

ですが、この肝斑は シミとの区別がつきにくいかもしれません。

気になることがあれば まずはかかりつけのお医者様に相談してみることをおすすめします。