顔のシミを取るクリーム

顔のシミを取る方法

 

顔のシミを取るには、クリームを使ったお肌の外側からのケアも効果的です。

 

美白成分が配合されているクリームには シミにスポット的に塗ることができるものや、お肌全体になじませて くすみなどのケアに適したものまで様々です。

 

クリームと一口に言っても 軟膏状の固めのものから、ゆるめのものまであり様々です。

 

シミをスポットでケアのでしたら、軟膏状のもののほうが使いやすいでしょう。

 

盛るように塗れるもののほうが 使い勝手が良いのでおすすめです。

 

ゆるめのクリームの場合、薄いシミが沢山出来ている、顔全体のくすみもケアしたいという際におすすめです。

 

 

顔のシミを取るクリームの美白成分

 

さて、シミを取るためのクリームですが 処方されている美白成分は様々です。

 

最近人気の美白成分には ハイドロキノンやアルブチンなどがあります。

 

ハイドロキノンはより効果が高く 皮膚科で処方される軟膏にも配合されている美白成分とししても有名です。

 

ですが 作用が強いため お肌が敏感な方には刺激になりやすい成分でもあります。

 

メーカーによっては お肌に刺激になりにくいように配合してあるものもありますので 気になる方はそういったものを試すようにしましょう。

 

 

長く人気のある美白成分の アルブチンは お肌により穏やかな効果が期待できますが できてしまったシミへの効果だけでなく、シミができにくくなる予防のケアにも使えます。

 

こういった美白成分以外にも メーカーが独自に美肌成分を配合したシミ用の化粧品などもあります。

 

中には 敏感肌の方や 妊娠中の方でも使いやすい美白クリームなどもあります。

 

ですので お肌や体の状態などに合ったものを使うようにしましょう。

 

そのためにも まずはお試しサイズなどで使ってみて お肌の様子をみてから続けるようにしましょう。

 

 

顔のシミを取るクリームを使う際の注意点

 

美白クリームは 成分によっては作用が強いため、 塗った箇所が紫外線に当たると刺激になりやすいことがあります。

 

ですので 顔のシミを取るためにクリームを使う際には 紫外線対策をきちんと心がけることが重要です。

 

日焼け止めを塗る、日傘や帽子を使うという いわば王道の対策を日々行うようにしましょう。

 

紫外線対策は 新たなシミの予防にもなります。

 

シミのケアをしても またできてしまう、という方は UVケアをしっかり見直すようにしましょう。