顔のシミのできる原因

顔,シミ,原因

 

いつの間にかできてしまう顔のシミ。

 

そのシミ、お肌に紫外線を浴びてしまい メラニン色素ができてしまうことが 主な原因です。

 

でも、メラニン色素ができたからといって すぐにシミになるというわけではありません。

 

健康的なお肌ですと お肌にメラニン色素ができても、お肌の生まれ変わりのサイクル(約4週間)で 古い皮膚と一緒に剥がれ落ちてくれます。

 

これが何らかの原因で お肌の奥にとどまってしまうことでシミとなって気がつくようになるのです。

 

紫外線だけでなく この肌代謝、いわゆるターンオーバー機能が低下することもシミの大きな原因と言えます。

 

ですので、しみを作らないようにするには まず紫外線をブロックすること、そして 保湿や美肌成分を積極的に取り入れてお肌の代謝をサポートすることが重要になってきます。

 

紫外線対策については 詳しくはコチラのページをご参照下さい。

 

 

シミができる以外な原因

 

顔のしみを取る方法

 

シミは意外な原因でできることがあります。

 

にきびができた跡に 茶色や赤くポツっと色素沈着して残ることがありますね。

 

ニキビ跡と呼ばれるもので、さまざまな種類のものがありますが、このうち茶色いものは シミと同じメラニン色素ができている状態です。

 

これはニキビによるお肌の炎症が刺激となってメラニン色素がとどまることで出来てしまいます。

 

このようなニキビ跡はシミ用のクリームなどでケアすることができます。

 

ニキビができやすいお肌でしたら、ニキビが出来にくいお肌づくりをしてゆくことも大事ですね。

 

 

そして知っておきたいシミの原因が お肌の摩擦。

 

摩擦とは お肌をゴシゴシとこすること。

 

そんな乱暴なことはしていないわ!という方でも 知らず知らずのうちにお肌をこすってしまっていることがあります。

 

洗顔後にタオルで荒く顔を拭いてしまうことが原因になることもあれば、スキンケア製品を塗り重ねる際に知らず知らずにうちにお肌をこすることも刺激となります。

 

思い当たるようでしたら、まずはこすらずにお肌のお手入れをするように気をつけてゆきましょう。

 

スキンケア製品をお肌につける際は 手の甲でやさしくつつむようになじませましょう。

 

また、タオルで顔の水分をぬぐう際には 軽くポンポンとおさえるようにしましょう。

 

メイクの際にも スポンジでお肌にこすりつけるようにファンデーションを塗っていませんか?

 

わずかな摩擦も 毎日繰り返していると 刺激となってゆきます。

 

気を付けて使う、こすらないように工夫をすることで 肌摩擦によるシミを防ぐことができます。