日焼け止めでシミ対策

顔のシミを取る方法

 

顔にできてしまったしみ。

 

お薬を上手に活用して しみを取るのに専念するという際に忘れていけないのが、しみを新たに作らないための予防。

 

シミを取るためのケアをしているのに お顔に紫外線を無防備に浴び続けては 別にシミが出来てしまいます。

 

また、美白クリームを使って お肌の外側からケアをしている、という方は 美白成分が紫外線に反応して刺激になることもあります。

 

ですので シミ対策を見直して 紫外線をしっかりブロックするようにしましょう。

 

紫外線を避ける方法としては 日傘や帽子を使うという方法もありますが、やはり欠かせないのが日焼け止め。

 

ですが、この日焼け止め、しっかり塗らないために 予防効果がひくくなっている方が多いのが現状です。

 

私はしっかり塗っているわ!という方でも 規定よりも少ない量だったり 塗りムラを作ってしまっていることも。

 

ですので使い方をもう一度チェックしてみましょう。

 

 

日焼け止めの効果的な塗り方

 

顔,シミ,日焼け止め

 

まず、日焼け止めの量は十分でしょうか?

 

メーカーにもよりますが、パール大3個分、ですとか 500円硬貨大分、など具体的な使用量のめやすが表記されています。

 

多くの方が これよりも少ない量で済ませているようです。

 

ですが、やはり規定の量はつけるようにしないと 十分なUVカット効果が期待できません。

 

商品説明などをよくチェックして 量を確認すること、そして ムラがないように塗りましょう。

 

ムラなく塗るのは 実はちょっと難しいのですが、コツがあります。

 

それは 重ね塗りすることです。

 

一度だけでは塗りきれなかった箇所も 重ね塗りすることで カバーができます。

 

重ね塗りといっても倍の量をつけるのではなく、規定量を2回、あるいは3回分にわけてから 重ね付けするのです。

 

また、首との境目などのフェイスラインは塗り残しが出やすい箇所ですので注意しましょう。

 

そして 日焼け止めは 数時間おきに塗り直す必要がある、ということも忘れてはなりません。

 

朝塗ったら夕方まで ずっと同じ効果、というのは ほぼ不可能。

 

規定値通りの効果を期待するのでしたら 2〜3時間置きに しっかり塗り直す必要があります。

 

ゴルフやビーチで一日外にいる、というような場合には 1時間置きに塗るくらいの手間が必要です。

 

 

とは言っても 普段の日でメイクなどもしている場合は日焼け止めの塗り直しは難しいものですね。

 

その場合は UVカット機能のあるファンデーションを活用するようにしてみてはいかがでしょうか。

 

メイク直しの際に 紫外線対策も同時にできます。

 

また、メーカーによっては 美白効果のある成分配合のファンデーションも発売しています。

 

一つで メイクとUVカットと美白ケアもできるとなれば とてもお得ですよね。

 

このようなものも検討してみることをおすすめします。