顔のシミとは違う肝斑

顔のシミを取る方法

 

女性の大敵であるシミ。

 

でも、ある日突然 広く薄いシミが出来ていた!なんてことがあったら それはシミではなく肝班かもしれません。

 

肝班は 女性のホルモンバランスの影響で出やすく、両ほほなどに左右対称で出やすいことで知られています。

 

ですが、左右対称でないこともありますし、おでこなどに出ることもあります。

 

そして女性ホルモンと強い関わりがあるため 更年期の女性や妊娠中に出ることが多くなっています。

 

このように肝班は メラニン色素が原因でできるシミとは まったく違ったメカニズムでできます。

 

そのため シミ対策用のお薬やクリームだけでは あまり効果が実感しにくくなっています。

 

肝斑には専用の飲み薬が有効

 

肝斑はトラネキサム酸という 成分の入った飲み薬での治療が一般的です。

 

このトラネキサム酸の入った肝斑の飲み薬は市販品も発売されています。

 

肝斑そのものは ホルモンバランスが安定すると徐々に薄く気にならなくなってゆきます。

 

ですので 妊娠中に出た肝斑は産後しばらくして落ち着くのを待つという方法があります。

 

更年期に出た肝斑は 閉経後に薄くなるのを待つとなると 長期戦となることが多いようです。

 

気になる時は無理せずにお医者様に相談するか 飲み薬でケアするようにしましょう。

 

 

お肌への摩擦も肝斑の原因に

 

また、肝班は ホルモンバランスとは別に お肌への過剰な摩擦でもできることがあります。

 

お肌のこすりすぎでの肝班は男性にも出来ることがあります。

 

お顔のマッサージをする際やクレンジング時などに 強くお肌をこすってしまうという方は 肝班を招きやすいというわけです。

 

注意するようにしてみましょう。

 

また、肝斑ができているお肌は シミも同時に出来ていることも多くなっています。

 

無防備に紫外線を浴びていてはシミも出来やすくなりますので UV対策などはしっかりと行うようにしましょう。