顔のシミの消し方

顔のしみを取る方法

 

最近はメイク用品も進化し、お肌の様々なトラブルをカバーしシミひとつないような仕上がりになるものもあります。

 

ですが 顔のシミはやはり消してしまうほうがラクですね。

 

ファンデーションやコンシーラーでシミを隠すよりも、消してしまうほうがメイクの時間も短くて済みます。

 

顔のシミの消し方は様々です。

 

ピンポイントでシミだけを消す方法もあれば、顔全体のお肌の透明感を上げながらシミを徐々に消してゆく方法もあります。

 

上手に両方の方法を活用することをおすすめします。

 

シミだけでなく肌ぐすみ対策をすることで 理想のお肌にさらに一歩近づくことができます。

 

特にシミ取りの飲み薬を活用すると、シミを徐々に消してくれるのと同時に お肌のくすみやソバカスなどにも効果があります。

 

 

飲み薬は美白成分がシミのもととなっているメラニン色素に直接働きかけるだけでなく、お肌のターンオーバーもサポートしてくれます。

 

このターンオーバーは約28日ごとに お肌が新しく生まれ変わる代謝のシステムで、この代謝サイクルごとに メラニン色素がお肌の外に排出されてゆくのです。

 

シミが目立つお肌は このターンオーバーが停滞しがち。

 

それを飲み薬でしっかりサポートできるのです。

 

 

また、飲み薬に配合されているビタミンCには メラニン色素を還元する働きがあります。

 

つまり、シミそのものの無色化をサポートしてくれるのです。

 

 

顔のシミには 美白クリームも併せて活用

 

顔,シミ,消し方

 

顔のシミには このような飲み薬に加えて、美白クリームなども活用するのがおすすめです。

 

お顔の内側からだけでなく 外側からも美白成分を補うことで シミへの相乗効果が期待できます。

 

実際に 皮膚科のシミ治療では 飲み薬と塗り薬の両方が処方されることが多くなっています。

 

最近では皮膚科処方の塗り薬と同じ美白成分が配合されているクリームなども市販されていますので そのようなものを上手に活用してみましょう。

 

シミ用の塗り薬や美白クリームを使う際には注意すべき点があります。

 

塗っている箇所に紫外線が直接当らないように注意することが必要です。

 

美白成分には強い作用のあるものもあり、紫外線により刺激などの影響が出ることもあるためです。

 

お肌を保護するために、そして新たなシミをつくらないようにするためにも日傘や帽子などのアイテムを活用しましょう。

 

顔のシミが気にならなくなっても、紫外線対策は続けるようにしましょう。