顔のシミに効果のある食べ物

顔のシミが気になるという場合、飲み薬や塗り薬を使ったケアが欠かせません。

 

でも、それだけで十分かというと そうではありません。

 

日焼け止めなどを使った紫外線予防のほかに、ぜひ心がけたいことがあります。

 

それは 食生活の見直しです。

 

 

私たちのお肌は、私たちが食べている栄養素からできています。

 

ですので、その食べ物を シミ対策を意識したものにすることで さらなるシミケア効果が期待できるのです。

 

具体的に シミに効果のある食べ物とはどのようなものでしょうか?

 

 

顔のシミを取る方法

 

 

まずはビタミンのたっぷり入った食材を意識して食べるようにしましょう。

 

これは、ビタミンにはお肌の代謝アップ、ニキビ予防をサポートする働きがあるためです。

 

特にビタミンCは美白効果でも知られています。

 

ビタミンはお薬やサプリで飲んでいるから、という場合でも 野菜や果物たっぷりの食生活にすることで 肌荒れしにくいお肌づくりを目指すことができます。

 

偏食している、お菓子を食事かわりにしているという方は 要注意です。

 

栄養バランスがくずれて 慢性的にお肌への栄養が不十分になっている可能性があります。

 

お肌の土台がしっかりしていないところに せっかく美白ケアアイテムを使っても 十分に効果が実感しにくいということになりかねません。

 

まずは バランスのよい食生活、そしてビタミンを多くとることを意識しましょう。

 

 

シミのケアのために避けたい食材

 

顔,シミ,食べ物

 

私たちにとって身近な食品でも シミをつくる原因となるものもあるので注意が必要です。

 

ソラレンという成分をご存知ですか?

 

ソラレンは柑橘類やパセリなどに含まれる成分で、紫外線を体に吸収しやすくすることで知られています。

 

ビタミン補給のためにと グレープフルーツやオレンジをせっせと食べたら シミが増えた、なんてなっては困りますよね。

 

このソラレン、食後2時間経ったころに 紫外線への反応がしやすくなると言われています。

 

ですので 朝やお昼は避けて 日が暮れてからたっぷり食べるようにすることをおすすめします。

 

また、食後のコーヒーにも注意が必要です。

 

というのも、コーヒーに含まれるカフェインには メラニン色素を拡散させ、シミができやすくなる作用があるためです。

 

毎食後コーヒーを飲んでいる、一日何杯も飲むという方は これを機に見直してみてはいかがでしょうか。

 

カフェインフリーのコーヒーを飲むというのも一つの手ですし、夜はハーブティーに切り替えるという方法もありますよ。